FOMC前に進行した米ドル安の調整相場を想定

Market Overview

19日の海外外為市場は、米ドル買い優勢の展開となった。この日の米金利はダドリー発言を受け上昇。米ドル相場との相関性が高い10年債利回りは2.19%台まで上昇した。米金利の上昇は外為市場での米ドル買い圧力を強め、ドル円は111.59レベルまで、ユーロドルは1.1143レベルまでそれぞれ米ドル買いが進行した。
国際商品市況ではNY原油先物7月限が、前週末比-1.21%の1バレル=44.20ドルと反落。米国とリビアの生産量増加が嫌気された。原油先物相場との相関性が高いロシアルーブルは対ドルで58.47と5月上旬以来の安値水準まで下落した。メキシコペソも対ドルで小反落した。一方、ブラジルレアルは3.2後半で売り買いが交錯した。
グローバル株式市場は堅調に推移した。特に米株ではダウ平均が前週末比+0.68%の21,528.99と、連日で過去最高値を更新。S&P500も0.83%高の2,453.46と、1週間ぶりに最高値を更新した。

bg_usd dollar united states new 6

Analyst's view

ダドリーNY連銀総裁は19日、インフレ圧力の後退を示唆したものの、景気拡大と賃金上昇に楽観的な見方を示した。この発言を受け米金利は反発。ただ、今年2回目の利上げに踏み切り、且つ上記の発言を受けて尚、FOMC前の水準2.22%すら未だ回復できない現状を考えるならば、米債券市場は株式市場程、景気の先行きを楽観視しているわけではないことを示唆している。米金利が持続的に上昇基調を維持するためには、ダドリー発言を裏付ける証拠、つまり良好な指標データが必須条件となろう。

注視すべき指標は、米経済のエンジンである個人消費関連指標と米金融引き締めペースを左右するインフレ関連指標だろう。ただ、個人消費は、2016年第4四半期の3.5%増(確報値)から2017年1-3月期は0.6%増(改定値)と急減速している。また、インフレ動向では、コアCPIやFRBが注視するコアPCEも2017年に入り低下基調を辿っている。これら指標データが再び上向くためにはやはり賃金の上昇が求められる。「賃金増→個人消費拡大→景気拡大→インフレ(期待)の上昇」という好循環の土台となるからだ。ただ、この点を見極めるためには6月雇用統計を確認する必要がある。それまでは住宅関連指標、耐久財受注、個人消費支出といった目先発表される指標データの内容と米金利の反応をひとつひとつ確認していくことが重要なテーマとなろう。

ドル円は、本日早朝時間に108.81レベルからの50.00%戻し111.60レベルの突破に成功している。FOMC前に進んだ米債買いのポジション調整が進行する間は上値トライを想定したい。次のテクニカルターゲットは111.80-112.00ゾーンで展開している日足一目の雲となろう。下限が推移する111.80にはオファーの観測あり。112.00にもオファーが観測されている。下値は21日MAが推移している110.73レベルの維持が焦点となろう。一方、ユーロドルだが、下値は1.11の維持、上値はレジスタンスラインとして意識さている日足基準線(今日現在1.1214レベル)の突破がそれぞれ焦点となろう。


【チャート①:ドル円チャート】

usdjpy_20170620


【チャート②:ユーロドルチャート】

eurusd_20170620

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 外国為替の基礎知識

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 市場参加者

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • リスクを管理する方法

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。