40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

トレンド決定要因は米指標データ

Market Overview

16日の海外外為市場は、FOMC後に発生した米ドル高を調整する展開となった。この日発表された米指標データが総じて市場予想を下回ったことを受け、米金利が低下。この動きに追随し外為市場では米ドル売り圧力が強まり、ドル円は110.65レベルまで下落した。一方、ユーロドルは1.12台への再上昇に成功。継続的な米ドル買いに対する市場の気迷いを示唆する相場となった。
4月から続いた重要な政治&経済イベントが終了はひとまず終了した。目先、外為市場の焦点は、米国のファンダメンタルズに再び集中しよう。それを見極める上で注視すべきは、16日の相場が示すとおり指標データとなろう。

bg_us_trader_1465267

Analyst's view

ドル円はFOMC後、大陽線の示現により5月高値114.37レベルを起点とした短期レジスタンスラインを一気に突破した。ただ、16日はリトレースメント50.00%戻し111.60手前の一目基準線でレジストされ小陰線引け。長い上ヒゲが示現した点も考えるならば、継続的な米ドル買いに対する市場の迷いが見られる(チャート①参照)。ただ、イエレンFRBによる金融引き締めスタンスが改めて確認されて尚、グローバル株式市場が堅調さを維持している。且つ、リスク性の高い資源国通貨や新興国通貨も対ドルで下落基調を辿る展開とはなっていない。これらの状況を考えるならば、現在は円高圧力が強まる相場環境ではない。この点は通貨オプション市場のリスクリバーサルも示唆している。

ドル円がこのまま上昇相場へ転じるかどうか、トレンドを左右する上で重要となるのが米指標データだろう。この点は、15&16日のレポート(FOMCにサプライズなし 焦点は指標データへシフト / 調整の継続は米指標データ次第)で指摘した通り。今週は、住宅関連指標と5月景気先行指標総合指数が発表される。16日の冴えない指標データで米金利が低下した事実は、現在の米金利とファンダメンタルズ間における高い順相関の関係を示唆している。今週以降発表される指標データでも同様の展開となれば、米金利の低空飛行状態は継続しよう。この場合、ドル円は再び110円を割り込む展開を警戒したい。逆に総じて市場予想を上回るならば、FOMC前に進行した米金利低下の調整相場(=債券売り / 米金利上昇)が継続しよう。それに連動し、ドル円も上値トライとなろう。111円台で注視すべきレジスタンスポイントは、①14日安値108.81からの50.00%戻し111.60と②日足一目雲が推移している112.00前後となろう(チャート①参照)。111.50、111.80そして112.00にオファーが観測されている点も考えるならば、上述した2つのテクニカルポイントで反落する可能性がある。逆に日足の雲を突破する場合は、113.00トライのシグナルと想定したい。

一方、ドル円の動向を左右する上でユーロドルの動向も注視したい。リスクリバーサルの観点からユーロドルが下落するリスクは後退している。欧州政治リスクの後退とECBの政策変更が意識されているタイミングで上述した米指標データが冴えない内容となれば、米独利回り格差の縮小を背景にユーロドルは1.1300を再びトライする展開となろう(チャート②参照)。その場合、対ユーロでの米ドル売りが、ドル円をレジストする可能性があるため要注意。


【チャート①:ドル円チャート】

usdjpy_20170619


【チャート②:ユーロドルと米独利回り格差】

eurusd_20170619

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • レバレッジと証拠金

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。

  • 技術的な過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • レバレッジ取引を行う

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。