40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

米金利の変動要因として指標データも注視

Market Overview

13日の海外外為市場に明確な方向感は見られなかった。FOMCを見極めたいとの思惑から米債券市場では大きな変動は見られず。10年債利回りは、2.2%台でキャップされる状況が継続した。米金利の反発が限られたことで、ドル円は110円近辺で売り買いが交錯した。ユーロドルも1.12前後でのレンジ相場となった。一方、英ポンドは反発基調となった。与党保守党が、北アイルランドの保守系地域政党である民主統一党(DUP)との閣外協力で合意を得たとの報道が、ポンド相場をサポートした。ただ、不透明感は根強く、ポンドドルは1.27ミドル付近で上値がレジストされた。

米株式は軟調地合いだったハイテク株に買戻しが入り、主要3市場がそろって反発。金融規制の緩和期待もサポート要因となった。国際商品市況ではNY原油先物7月限が続伸し、1バレル=46.46ドルで終了。ただ、米国の週間在庫統計の発表を控え、上昇幅は限定的だった。NY金先物8月限は株高が嫌気され続落。ただ、下落幅は前日比-0.02%と小幅だった。

bg_data_1353383

Analyst's view

各市場は、FOMC待ちムードとなっている。FOMCと米ドル相場のシナリオについては、12&13日の各レポートで指摘した通り。焦点は利上げペースだが、すでに市場が想定している年3回のペースに変更がなければ、米金利の持続的な上昇圧力を強めるにはインパクト不足。よって、米ドル相場が売りで反応する展開を想定し、ドル円は下値トライを警戒したい。ただ、このケースは高値警戒感が強まっている米株にとってはサポート要因である。このためクロス円は「米ドル安+株高」を背景に底堅い展開が想定される。そして、クロス円の上昇が米ドル安圧力の相殺要因となることで、ドル円が4月安値108.13レベルを一気にトライする可能性は低下しよう。ドル円が下値トライとなった場合、まずはビッドが観測されている109.30-00ゾーンでの攻防を注視したい。
一方、4回の利上げ観測が台頭した場合は、米金利への上昇圧力が強まろう。外為市場では、米ドル高圧力が主要国通貨に対して強まろう。ドル円は、5月高値114.37レベルを起点とした短期レジスタンスラインを突破しよう。目先の上値の焦点は112円前後を想定。112.13レベルは5月下旬の戻り高値の水準であり、且つ今後1週間の間に日足一目雲が112.00を挟む局面がある。また、このケースでも米株の反応が注目される。利上げペースの加速が株高調整要因となる可能性があるからだ。下落幅や期間次第で米金利の上昇圧力を阻害する要因となり得る。この場合、ドル円の上昇は短期で収束しよう。

また、米金利上昇が一過性で終わる要因として注視すべきもうひとつの材料が、米指標データだ。本日は5月CPIと同月小売売上高が発表される。年4回の利上げ観測が台頭しても、上記の指標データでインフレの抑制や個人消費の低迷を裏付ける内容となれば、米金利の上昇が一過性で終わる可能性がある。米ドル高も一過性で終わろう。また、冴えない指標データは短期的には米株の調整材料と見なされる可能性もある。


【チャート:ドル円チャート】

usdjpy_20170614

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • よくある間違い

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • 配当金

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。