ドル円は下値トライ ユーロドルは上値トライ

Market Overview

5日の海外外為市場に明確な方向感は見られなかった。この日発表された米指標データは予想以下の内容が続いたが、各市場は反応薄。この日の米債券市場では、ポジション調整による反動から金利反発(債券売り)の展開となるも、超低空飛行状態に大きな変化は見られず。よって、米ドル相場の反発も限定的となり、ドル円は110円ミドルを挟んでのレンジ相場が継続した。一方、ユーロドルも1.12ミドル前後で動意の薄い展開となった。

欧米株式市場だが、原油安や8日のイベントを前に調整売り圧力が強まり、総じて上値の重い展開となった。国際商品市況では、NY原油先物7月限が根強い供給過剰懸念を背景に続落。前週末比0.26ドル安の1バレル=47.40ドルで取引を終えた。一方、NY金先物8 月限は、株安や英国でのテロを背景に前週末比2.5ドル高の1トロイオンス=1282.7ドルと小幅に反発して終了した。

bg_eurusd_5578

Analyst's view

米ドル相場との相関性が高まっている10年債利回りは、2.2%以下での超低空飛行状態が継続中(チャート①参照)。2年債利回りはFOMCを前に低下圧力は後退している。だが、1.32%でキャップされている状況は6月利上げが主要テーマからすでに外れたことを示唆している。これら米金利の状況を反映してか、通貨オプション市場では1か月物ドルコールの需要が徐々に低下している。これらの状況を考えるならば、今週は上値の重い展開を想定したい。下値トライを警戒する場合、目先の焦点は110円台の維持となろう。ただ、4月に一度完全に下方ブレイクしている点を考えるならば、この水準が重要サポートポイントとして意識される可能性は低い。目先は、109.60までの下落を想定しておきたい(チャート②参照)。このレベルは、直近高値114.37からの76.40%戻しの水準にあたるだけでなく、フランスリスク後退後のサポートポイントとして意識された経緯もある。一方、戻りは目先、10日MAが推移している111.00前後までと想定したい(チャート②参照)。
一方、ユーロドルは引き続き堅調地合いを想定したい。8日の英国総選挙が意識され、ユーロポンドが底堅く推移する可能性が高い。それは、ユーロドルのサポート要因となろう。また、同日に開催されるECB理事会後のドラギ会見もユーロ高要因となる可能性がある。欧州政治リスクの後退は、緩和政策の変更機運をドラギECB内に高める材料となり得るからだ。また、メルケル独首相の「ユーロ弱すぎ」発言も考えるならば、ECB外部から政策変更の圧力が高まっている点もドラギECBの判断に影響を与える可能性がある。イタリアの政治リスクが再浮上して尚、通貨オプション市場では1か月から3か月物にかけてコールオーバー(25D)となっている点は、上述した点を織り込んでいる可能性が高い。ユーロ相場が堅調推移となった場合、ユーロドルの上値の焦点は、昨年の米大統領選挙時に付けた1.13の突破となろう。このレベルを突破した場合は、1.15レベルを視野に上昇幅がさらに拡大する可能性が高まろう。


【チャート①:米金利比較チャート】

chart1_20170606


【チャート②:ドル円チャート】

chart_20170606

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 「売り」取引とは

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • 利点と制限

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。