3月米雇用統計の焦点

Market Overview

6日の海外外為市場では、米ドル買い優勢の局面が散見された。この日発表された新規失業保険申請件数が良好な内容となり、またライアン米下院議長がヘルスケア法案合意の可能性についてコメントしたことが米ドル相場をサポートした。ドル円は111.14レベルまで、ユーロドルは1.0629レベルまでそれぞれ米ドル高が進行した。ただ、米中首脳会談や3月米雇用統計の内容を見極めたいとの思惑もあり、ドル円は短期レジスタンスライン手前で反落。ユーロドルも今年高安の半値戻しにあたる1.0623レベル手前で反発する等、米ドルの上昇幅は限られた。

米株は小幅に反発した。供給過剰懸念の後退を背景にこの日の原油先物相場が続伸したことが好感され、エネルギーセクターが株価の上昇をけん引した。ただ、上記の重要イベントが控えていることもあり上値は限られた。「株高 / 原油高」を背景に米金利は小幅に反発。しかし、10年債利回りは引き続き2.3%台での推移が続いた。

bg_us_employment_1359299

Analyst's view

市場の焦点は米中首脳会談の行方と3月米雇用統計に集中している。前者の注目点については、6日のレポート「米中首脳会談の注目点」で指摘済み。市場全体のリスク要因として注視すべきは、朝鮮半島情勢に対する米国の新たな戦略の展開とそれに対する中国の理解となろう。米国が主張する「すべてのオプション」を含めた新たな制裁強化に中国が理解を示す場合、東アジアの地政学的リスクが意識され、外為市場では円高圧力が集まろう。

一方、3月雇用統計で注視すべきは、賃金動向となろう。失業率が5.0%を恒常的に下回る状況では、今後も20万人以上の雇用増加ペースを維持することは不可能だろう。つまり「量」の面での目的はすでに達成済みということである。となると、次は「質」の面で向上しているかどうか、この点が重要な焦点となってくる。それを見極める上で重要な材料となるのが、賃金の伸びである。2月の平均賃金の伸びは前年同月比2.8%増と、1月の同2.5%増から加速していることが判明。この傾向が続いていることが確認されれば「賃金の増加→消費の拡大→インフレ圧力の高まり→イエレンFRBによる持続的な利上げ」が投資家間で連想され、まずは低下幅が拡大している米金利に反発圧力(債券売り圧力)が強まろう。米金利の反発は外為市場で米ドル買い圧力を強めるだろう。ドル円は短期レジスタンスラインを突破し、直近安値110.11からの23.60%戻し112.11レベルをトライする展開が想定される(チャート参照)。ただ、米ドル買いトレンドが形成されるかどうかは、米中首脳会談の内容次第だろう。

一方、賃金の伸びが抑制されていることが確認された場合は、非農業部門雇用者数変化が市場予想を上回っても上値が抑制され、110円台を中心とした攻防の継続を想定したい。下値の焦点は3月27日安値110.11、心理的節目でありビッドが観測されている110.00。


チャート:ドル円チャート

usdjpy_20170407

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 外国為替の基礎知識

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • トレンド

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • 「売り」取引の方法

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。