40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

焦点は2月米雇用統計と株式と国際商品市況

Market Overview

9日の海外外為市場でドル円は、節目の115.00目前まで上昇する展開となった。米ドル相場との相関性が高まっている米10年債利回りはこの日、2.60%台まで上昇。昨年の米大統領選挙後に到達した高水準まで米金利が再び反転したこと、そして欧米株式市場も堅調さを維持したことで、ドル円は115円トライのムードが強まった。一方、クロス円も総じて円安優勢の展開で推移した。円相場とは対照的にユーロ相場は堅調に推移した。要因は、この日開かれたECBイベントが総じてタカ派的内容となったこと。ユーロドルは1.05台を維持すると、リトレースメント38.20%の水準1.0620レベルをトライする展開に。一方、ユーロ円は大陽線の示現により121.88レベルと、2月2日以来となる水準まで急上昇した。

欧米株式動向だが、2月の米雇用統計発表前ということもあり小動きに終始。ただ、主要株価指数はプラス圏で推移し堅調さを維持した。NY原油先物4月限(WTI)は、米原油在庫の積み上がりと外為市場での米ドル高が嫌気され4日続落。一時は48.59ドルと、石油輸出国機構(OPEC)加盟国などが減産で合意した昨年11月30日以来の安値を付ける局面が見られた。

bg_chart_green

Analyst's view

米ドル相場との相関性が高まっている10年債利回りは7日連続で上昇し、9日に昨年の米大統領選挙後に到達した水準まで反発した(2.60%台)。米ドル相場のトレンド決定要因である米金利の急反発は米ドル高圧力を強め、ドル円は本日早朝に節目の115.00を突破している。筆者は来週のFOMCまで111.60-115.00をコアレンジと想定し、このレンジの上限を上方ブレイクしても115.60レベル(1/19高値水準)で上値がレジストされると想定している。この想定を覆す要因として注視すべきは、2月米雇用統計だろう。最大の注目点が賃金動向にあることは指摘済み。市場予想以上ならば「消費拡大→経済成長の加速→イエレンFRBの段階的な利上げ」という連想が強まり、米金利はさらに上昇しよう。それに伴いドル円も115.60レベルを突破する可能性が高まろう。

ただ、115.60レベルの突破に成功しても、上昇トレンドを形成する可能性は低いと想定している。その理由は2つある。ひとつは、2月下旬より始まった米金利の上昇スピードに米ドル相場(=ドルインデックス)が追随出来ていないことだ(チャート①参照)。確かに1月上旬以来となる102.20台まで反発はしているが、米大統領選挙後のような上昇スピードは見られない。この点は、米通商政策リスクが意識されているためだろう。

米通商政策リスクに加え、目先注視すべきは他市場の動向、特に米株と国際商品市況の動向となろう。未だ史上最高値圏を維持してはいるものの、直近の米株は米金利の上昇に追随できず、年初来パフォーマンスはついに逆転(チャート①参照)。また、原油先物価格をはじめとした国際商品市況(CRB指数)が大きく崩れてきている点も考えるならば(チャート②参照)、米ドル高リスクが台頭しつつあるシグナルと捉えることができる。米通商政策リスクに加え、米雇用統計発表後に株式市場と国際商品市況までが同時に崩れる展開となれば、米ドル高圧力の相殺要因となろう。結果、ドル円の上昇圧力も相殺され、もとのレンジ相場へ回帰して来週の米国イベントを迎えることになろう。


【チャート①:米国市場と米ドル相場のパフォーマンス比較】

bg_chart1-20170310


【チャート:国際商品市況】

bg_chart2-20170310

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引の前に

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 市場参加者

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • リミット

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。