イエレンFRB内のコンセンサスを探る展開へ

Market Overview

20日の海外外為市場に明確な方向感は見られなかった。北米勢の不在や次の材料待ちムードが漂い円相場はレンジ内で推移。ドル円は113円前半でこう着状態。クロス円では豪ドル円やNZD円が堅調に推移したものの、全体的に大きな変動は見られなかった。ユーロドルも5日MA(1.0616前後)に絡んだ売り買い交錯の展開に。ショイブレ独財務相が「ドイツにとってユーロのレベルは低すぎる」と発言したが、新味に欠けたことから外為市場では材料視されなかった。

欧州株式は通信株や鉱山株に買いが入り堅調に推移した。STOXX欧州600は、今月15日以来となる高値水準まで反発する局面が見られた(高値:371.89ポイント)。一方、欧州債券市場は、仏大統領選に関する世論調査で、極右政党の国民戦線(FN)を率いるルペン党首の支持率が伸びているとの報道が仏国債売りを促した。対照的に安全資産の独連邦債が買われた。昨年夏以降、仏独10年債利回り格差の拡大傾向が続いているが、昨日は2012年後半以来となる水準(77.2bp)までその格差が拡大した。

bg_japan yen usd 01

Analyst's view

今週以降の外為市場は、「3月利上げがイエレンFRB内のコンセンサスか否か」、この点を探る展開となろう。そこで重要なファクターとなってくるのが、米指標データとFEDスピーカーの言動である。今週は、米国の個人消費動向を左右する住宅関連指標の発表が相次ぐ。だが、米指標データ以上に重要なファクターは、後者の方となろう。20日のレポート「3月利上げ観測を左右する材料」で指摘した通り、イエレンFRB議長とフィッシャー副議長は3月FOMCを1か月後に控えたタイミングで利上げについて前向きなスタンスを表明してきた。他のFEDメンバーからも同様の言動が聞かれれば、各市場は「イエレンFRB内のコンセンサスは3月利上げ」という点を意識せざるを得なくなる。特に注目されるのは、ハト派と中立派の言動だが、本日はハト派と目されるカシュカリ・ミネアポリス連銀総裁がFRBの役割と経済に関して講演する予定となっている(日本時間22時50分予定)。カシュカリ氏が利上げについて前向きな言及をするならば、イエレンFRBは3月利上げの地ならしを開始したと米国債券市場で受け止められ、米金利は反発しよう。それに伴い外為市場では米ドル相場への買い圧力が強まろう。ドル円は114円台の再トライが想定される。テクニカル面では、111.60からの38.20%戻しにあたる114.30前後の攻防が注目される。一方、対ユーロでも米ドル高圧力が強まろう。仏大統領選が独連邦債への資金シフト(=独金利低下)を促しているタイミングであることを考えるならば、米独金利差拡大観測を背景にユーロドルは今月15日安値1.0521レベルを視野に下落幅が拡大しよう。

また、日本時間22日午前2時にハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が経済見通しについて講演する予定となっている。米経済の先行きに強気の見方を示せば、米金利と米ドル相場の押し上げ要因となる可能性がある。だが、元来タカ派のハーカー氏が3月利上げの可能性を示唆する言動を行っても米金利と米ドル相場の上昇幅は限定的となろう。


【チャート①:ドル円】

usdjpy-0221


【チャート②:ユーロドル】

eurusd-0221

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • オートチャーティスト

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • 配当金

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。

  • 株取引

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。