英国リスク、ドル高リスクそして中国リスク

Market Overview

13日の海外外為市場は英ポンドが上下に激しく振れる展開となった。英国のEU離脱を巡り様々な観測が飛び交う中、ポンドは対ドルで4月14日以来となる1.4115レベルまで急落する局面が見られた。その後はショートカバーの展開となるも、1.43台で上値がレジストされて以降は再びポンド売り優勢の展開に。対円でも心理的節目の150.00を割り込み149.47レベルまで急落する局面が見られた。英ポンドのショートカバーに連動し、欧州タイム後半以降はユーロも反発基調を強めた。ユーロドル(EUR/USD)は1.1240前後から1.13台まで再上昇する局面が見られた。一方、ユーロ円(EUR/JPY)も約3年ぶりとなる119.00レベルまで急落後、120.32レベルまで買い戻される局面が見られた。

英国のEU離脱リスクが意識される中、週明けのグローバル株式はリスク回避一色の展開となり、欧米株式は3日続落。米金利も低空飛行が継続し、金融政策の方向性に敏感な2年債利回りは0.7100%と5月9日以来の水準まで低下した。

原油価格(WTI7月限界)も続落する展開に。英国のEU離脱リスクに加え、この日発表された中国の指標データが冴えない内容となったことも材料視された。

bg_usdgbp_486442

Analyst's view

英国のEU離脱リスクが意識され英ポンドとユーロには売り圧力が強まっている。世論動向は各調査会社で内容に差異が見られるものの、英国の公共放送局BBC(YouGov調査)によれば国を二分している状況は明白であり、今後の観測報道次第でポンド相場やユーロ相場は昨日同様大きく振れる展開となろう。離脱派の勢いがさらに増せば、ポンドドル(GBP/USD)は心理的節目の1.40をトライする展開が想定される。一方、ユーロドル(EUR/USD)は、3月10日の大陽線安値1.0821を起点とした短期サポートライン(今日現在1.1155前後)を視野に下落幅が拡大しよう。
また、リスク回避局面では円高圧力も増そう。特に注視すべきはポンド円(GBP/JPY)及びユーロ円(EUR/JPY)。目先、前者の下限は昨年の最高値195.88レベルからのリトレースメント61.80%にあたる147.04レベルとなろう。一方、後者のそれは、2014年の大天井149.57からのリトレースメント61.80%にあたる115.30レベル(=115円台の維持)となろう。

目下、リスク回避圧力の相殺要因となり得るのは「ドル安」である。しかし、本日より開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)で経済見通しの上方修正及び「7月利上げシグナル」を発信してくれば、その相殺要因が新たなリスク要因(=ドル高リスク)となってグローバル市場を直撃する可能性がある。

その場合、注視すべきは中国市場の動向だろう。人民元相場は5月のドル高回帰以降、対ドルで人民元安が進行中。オフショア人民元(USD/CNH)は5月高値6.5989レベルを更新し、2月4日以来となる6.60台の水準まで低下している(オンショアとの乖離も拡大中)。また、中国株式市場のパフォーマンスも気がかりだ。下の比較チャートで確認すると、リスク選好の先導役である米国株式はもちろん、世界株式(MSCI)との乖離幅も拡大傾向にある。この状況でドル高回帰となれば、人民元相場がさらに不安定化する可能性があろう。人民元相場がそのような展開となれば、中国の株式市場も不安定化しよう。英国の動向次第では、欧中がリスク回避の震源地となる可能性も否定できない。よって、円相場は引き続き円高リスクを警戒すべきだろう。ドル円(USD/JPY)は105円トライの展開を常に意識しておきたい。


【中国人民元チャート(対ドル)】青:オンショア(CNY) 赤:オフショア(CNH)

fundamental_06142016_01


【株式パフォーマンス比較チャート】緑:米株 黄:世界株式 青:日本 赤:中国

fundamental_06142016_02

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引プランの作成

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • レバレッジと証拠金

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。

  • 「売り」取引とは

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。