ドル高懸念を内包したリスク選好回帰相場

Market Overview

25日の海外外為市場は、円売り優勢の展開となった。この日の原油価格(WTI7月限)は、米エネルギー情報局(EIA)の在庫統計で原油の在庫が予想以上に減少したことが好感され、昨年10月上旬以来となる49.75ドルまで上昇する局面が見られた。堅調な原油価格はグローバル株式のサポート一因となり、その影響は外為市場での円売りへと波及した。ドル円(USD/JPY)は短期レジスタンスラインを一時突破し、110.45レベルまで上昇する局面が見られた。クロス円も総じて堅調に推移した。一方、ドル相場だが、原油高を背景とした資源国通貨買い、英国のEU離脱リスク後退を背景としたポンド買い、そしてユーロのショートカバーが重なったことで上値の重い展開となった(ドルインデックスは反落)。

bg_nyse_traders_1389570

Analyst's view

上記の通り、昨日の海外市場はリスク選好の展開となった。この動きをサポートしているのが、堅調地合いを維持している原油価格と米株であることは25日のレポートで指摘済み。目下、筆者の興味は、リスク選好の先導役である米株が利上げ懸念(=ドル高懸念)をこなし、上昇基調を維持できるかどうか、この点にある。5月中旬以降の米株セクター動向を確認すると、エネルギーセクターと並んで金融及びテクノロジーといった景気にセンシティブなセクターまでが同時に上昇している(比較チャート参照)。イエレンFRBによる「6月利上げ(7月?)」が意識されているこのタイミングで、これらセクターが今後も堅調に推移し続けることが出来れば、利上げ懸念(=ドル高懸念)を消化するシグナルとなろう。その点を判断するためには目先、今月27日と来月6日に予定されているイエレン講演とそれに対する米株の反応を見極める必要がある。イエレンFRB内のコンセンサスが早期利上げで一致しているとの認識が市場で広まって尚、米株高維持となれば、外為市場では筆者が懸念している円高リスクが後退し、ドル円(USD/JPY)が円安の牽引役となろう。その場合、現時点では112円の再トライを想定している。
だが、グローバル株式動向を俯瞰すると気がかりな点が二つある。ひとつは、このレポートで指摘済みである上値の重い中国株式の動向。そしてもうひとつは、5月以降のドル高局面で米株が独り勝ちの状況となっていることだ。下の騰落率グラフ(ドル建てベース)を見ると、米株の堅調さとは対照的に、新興国市場の弱さが際立っている。今後ドル高が進行した際、これら新興国市場の株式がさらに下落幅を拡大させれば、新興国&資源国通貨安を誘発する可能性が高まろう。原油価格の反発基調維持やVIX指数がレンジ(13-18ポイント)の下限に向け低下傾向となっている点を考えるならば、目先その懸念が意識される可能性は低いが、ドル高のさらなる進行が上記のリスク要因に結びつくことで、堅調な米株の圧迫要因となる可能性を常に内包しているのが現在のリスク選好回帰相場であることを認識しておく必要があろう。


【米株(ダウ平均)セクター比較チャート】赤ライン:銀行セクター 緑ライン:テクノロジーセクター

fundamental_05262016_01

【グローバル株式騰落率(5月以降)】※ドル建てベース

fundamental_05262016_02

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 株価指数の基礎知識

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • 外国為替市場

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 外国為替の基礎知識

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。