ドル相場の動向に要注意

Market Overview

18日の海外時間で原油価格(WTI5月限)が一時40ドル台を回復(終値は39.78ドル)する局面が見られた。底堅い原油価格の動向を受け外為市場では資源国&新興国通貨買い圧力が対ドルで強まり、アジア時間の下落幅を埋める展開となった。この動きはドル円(USD/JPY)を除いた他のドルストレートへも伝播し、ユーロドル(EUR/USD)は21日MAの突破に成功。ポンドやスイスフランも対ドルで堅調に推移した。
一方、ドル売り圧力以上に強かったのが円売り圧力だった。「原油価格反発+欧米株高+ドルストレートでの下落」を背景にクロス円の上昇が円安を牽引。USD/JPYはアジア時間に付けた安値107.83レベルから109.00手前まで反発する局面が見られた。

bg_data_trader_892776

Analyst's view

原油価格(WTI5月限)が底堅い展開となったことで、他の市場ではリスク選好優勢の展開に。興味深いのは、リスク選好下でユーロドル(EUR/USD)が上昇したことだろう。通常であれば、逆の展開(ユーロ売り・ドル買い)がこれまで見受けられたパターンだった。これほどドル安圧力が強まった背景にあるのは、対ドルでの資源国&新興国通貨買いだろう。
ただ、このトレンドは原油価格次第という側面が強い。増産凍結合意の決裂は前の週に織り込み済みという後付の理由から一時40ドル台を回復したWTI5月限だったが、産油国間同士の溝は深く(特にイラン問題がネック)、且つ価格が最終的に需給で決定される事実を考えるならば、6月のOPEC総会まで不安定な値動きが継続する可能性が高い。

もうひとつ興味深いのは米金利の動向だろう。各ゾーンの利回りが底打ち感を強めているが(比較チャート参照)、7日以降からこの傾向が強まっている点を考えるならば、株高に連動していることは明白。この状況が続けば「株高→米金利上昇→ドル高」のトレンドがいずれ形勢されよう。
この場合、問題となるのはドル高となって尚、現在の株高が維持できるかどうかという点だ。現在のマーケット状況では、ドル高は「リスク回避」要因(=株安・原油安要因)である。そのリスクを高める要因として目先注視すべきは、4月の米連邦公開市場委員会(FOMC)だろう。6月利上げに向けたシグナルが発信された場合、外為市場ではイエレンFRBのハト派スタンスというテーマから脱却する可能性が高い。その場合、外為市場ではドルを買い戻す動きが強まる可能性が高いが、それで株式市場が崩れるならば、円相場はリスク回避(株安)の反応し、再び円高優勢の展開となろう。この場合、ドル円(USD/JPY)は107円ミドルレベルを維持できるかが焦点となろう。

【米金利比較チャート】黄:2年債 青:5年債 赤:10年債 緑:30年債

米金利チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • レバレッジ取引を行う

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • 取引の過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • リスクの種類

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。