ドル高維持の鍵は米指標データに

アナリストの視点-まずは日本サイドがけん制、米国サイドは?

ドル円

28日の海外外為市場では欧州タイムがドル買い優勢、NYタイムがドル売り優勢の展開となった。麻生太郎財務・金融相は29日未明、直近のドル高・円安について「荒い」と発言したことが材料視され、USD/JPYは約12年半ぶり(2002年12月6日以来)の高値水準となる124.46を付けた後、123.62レベルまで反落。他のドルストレートでもドル売り圧力が強まり、EUR/USDは日足の一目/雲の上限を突破する展開となった。
一方、クロス円は強弱まちまちの展開に。EUR/JPYは再び136円台を視野に円安優勢となった一方、GBP/JPYは1-3月期の英国内総生産(GDP)改定値が下方修正されたことを受け、円高優勢に。オセアニア通貨も海外時間は終始上値の重い状況が続いた。

直近のドル高・円安に対し、まずは日本サイドからけん制発言が飛び出した。次に注視すべきは、米国サイドも同様のけん制を行うことで、日米協調のドル高/円安阻止のスタンスを示すかどうかだろう。麻生太郎財務・金融相は28日、ルー米財務長官と個別に会談。その際、2013年2月のG7会合での「為替レートの過度の変動や無秩序な動きは経済・金融の安定に悪影響を与える」とした合意をあらためて確認したと発言。日米が協調しドル高・円安を阻止する姿勢を示せば、USD/JPYには一転売り圧力が強まろう。

ただ、下値の目途は米指標データ次第だろう。現在は日米金利差拡大観測を背景とした期待がUSD/JPYの上昇エンジンとなっているが、米ファンダメンタルズの改善という実態の伴った期待が加われば、120円台は維持しよう。逆に日米協調してのドル高/円安阻止に加え、冴えない米指標データが続けば(=実体の伴った期待感が強まらなければ)、利上げに対する不透明感が再び台頭することで、重要サポートポイント118.50レベルを再び視野に入れる展開となる可能性も否定できない。

本日の焦点-ドル相場のトレンドは米指標データ次第

本日の焦点は米指標データにあろう。特に注目されるのは1-3月期実質国内総生産(GDP)改定値だろう。速報値の0.2%増から0.9%減に下方修正される見通しとなっているが、予想外に強い内容となれば、再びドル高圧力が強まろう。クロス円はドルストレートでのドル高に圧され、円高優勢の展開が想定される。

一方、予想以上に下方修正された場合は、ドル売り圧力が強まろう。特にUSD/JPYは、日本サイドからのけん制発言が飛び出した後でもあり下値を模索する展開が想定される。一方、ドルストレート全般でもドル安圧力が強まり、EUR/USDは1.1台へ再上昇する展開を想定したい。テクニカル面では10日MAでの攻防が注目されるが、このテクニカルの突破はギリシャ支援問題の行方次第だろう。この件に関する報道は錯綜気味であるが、実際にギリシャのチプラス首相の言う通り欧州連合(EU)との合意が確実視されれば、10日MAを突破する展開が想定される。逆にEUとの協議が不調に終わる可能性が高いとの報道があれば、再び日足の一目/雲の攻防へ逆戻りする展開を想定したい。

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 125.00:レジスタンスポイント 124.50:レジスタンスポイント
サポート 123.19:5日MA(赤ライン) 122.00:サポートポイント

上値の焦点は、厚いオファーとオプションバリアが観測されている124.50突破だろう。このレベルをも上方ブレイクした場合は、125円をトライする展開となろう。尚、125.00にも厚いオファーとオプションバリアが観測されている。
一方、下値は先週以降相場をサポートし続けている5日MAの維持が焦点となろう。尚、直近のビッドの状況だが、123.00、122.70及び122.50レベルにそれぞれ観測されている。

EUR/USD

レジスタンス 1.1038:10日MA(赤ライン) 1.1000:レジスタンスポイント
サポート 1.0969:一目/雲の上限 1.0865:サポートポイント

上下のチャートポイントは上記の通り。昨日は日足の一目/雲の上限の突破には成功したものの、直近高安の23.60%レベルで上値がレジストされ1.1再上昇に失敗。RSIが未だ売り買い分水嶺の50.00以下で推移している点も鑑みるに、1.1台へ再上昇しても上値余地は限定的となる可能性があろう。テクニカル面での焦点は上述の通り10日MAでの攻防。下値は一目/雲の攻防へシフトした場合、1.0865前後を維持できるかが注目される。26/28日は、このレベルでサポートされた。
尚、直近のオーダー状況だが1.0960レベルには厚いオファーが観測されている。ビッドは1.0800レベルに観測あり。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 市場を動かす要因

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • ストップ

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。

  • レバレッジ取引を行う

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。