スイス中銀の行動が与えた真に注目すべき影響とは

Market Overview-予想外の行動に踏み切ったSNB

bg_switzerland_flag_1222377

15日の海外外為市場の主役は、スイスの通貨フランだった。スイス中銀(SNB)は予想外にスイスフラン上限の撤廃を発表。合わせて中銀預金金利をマイナス0.25%からマイナス0.75%へ引き下げることも決定した。これを受け、世界的にスイスフラン買い/ユーロ売りの展開に。EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)は1.20前後から0.85レベルまで急落。一方、ユーロは対ドルで重要サポートポイント1.1640レベルを一気に下方ブレイクし1.1568レベルまで、対円では134.99レベルまでユーロ安が進行した。

SNBが予想外の行動に踏み切った背景には、これ以上EUR/CHFの下限を死守することが困難になったと判断したためだろう。主な理由はコスト(一部では日額で20億フラン相当との試算も)と欧州中央銀行(ECB)による緩和強化観測の高まりだろう。特に意識されたのは後者と考えられるため、今回のSNBの行動は、来週22日(木)のECB理事会でドラギ総裁が緩和強化に踏み切る可能性が急速に高まっているとのシグナルをマーケットに発信したことと同義だろう。事実、昨日はスイスフラン買い/ユーロ売りと同時に主要な欧州株式市場は軒並み上値トライの展開となった。

では今後、外為市場の動向はどうなるのか?結論から言うならば、ユーロ安がさらに進行しよう。経常黒字の常態化、貿易収支の改善に加え、スイス経済省経済事務局(SECO)は2015年の輸出増も見込む等、意外にもスイス経済は好調さを維持している。さらに今回のSNBの行動はデフレリスクを取る姿勢を示したものでもあり、ユーロスイスは中長期で下値を模索する状況が継続しよう。

ユーロ円は、ショートカバーが散見されながらも1月中は下値を模索する展開となろう。ECBの緩和強化期待を背景に欧州株式は総じて堅調に推移したものの、米株は調整相場が継続している。14日のレポートでも指摘した通り米株は過去2年間、調整相場へ入った場合は長くて1か月前後継続するパターンが見られる。1月中の米株反転に期待が持てない以上、ユーロ円は3つのユーロ売り圧力(ECBの緩和強化、ギリシャリスク、ユーロスイス経由でのユーロ売り圧力)に加えて、円買い圧力(米株の調整)を背景に、次の重要サポートポイント134.14(2014年10月16日安値)を視野に入れる展開を想定している。

最後にユーロドルだが、ECB理事会後やギリシャ新内閣発足後にショートカバーが入る展開が想定される。だが、米欧の金融政策のコントラスト(方向性の違い)を背景に、ユーロスイス同様、中長期で下落トレンドを辿る可能性が高い。目先の注目ポイントは1.15台の維持。このレベルを下方ブレイクした場合は、2003年9月下旬から11月上旬にかけてユーロをサポートした1.1370レベルが次の焦点として浮上しよう。

Today’s Outlook -引き続き米指標データと株価動向が焦点

米株の反転なしに日経の反発と円安回帰は望めない。アジア時間は円高リスクを警戒すべきだろう。焦点はNY時間となるだろうが、米株の反転の鍵は指標データにあろう。注目は消費者物価指数(12月、CPI)、鉱工業生産(同月)そしてミシガン大学消費者態度指数・速報値(1月)となろう。総じて好調ならば米株に対する下落圧力が後退し、ドル買いを誘発しよう。米株反転に伴い円相場も円安優勢の展開が想定される。一方、総じて冴えない内容となれば、現在のリスク回避トレンドが継続しよう。また、後者2つの指標データが好調、且つCPIが下振れた場合は株高オンリーのリスク選好となる可能性がある。この場合は、ドル&円売りと新興国通貨買いの展開となる可能性が高い。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 117.50:レジスタンスポイント 117.00:レジスタンスポイント
サポート 115.50:リトレースメント38.20% 115.00:サポートポイント

厚いビッドとオプションバリアが観測されている115.50の攻防となるかが注目される。下方ブレイクならば115円台の維持が焦点となろう。上値は目先、117円台への再上昇が焦点となろう。尚、このレベルにはオファーが観測されている。117.50レベルにもオファーの観測あり。

ユーロ円

レジスタンス 136.50:レジスタンスポイント 136.00:レジスタンスポイント
サポート 134.70:本日早朝安値 134.14:2014年10月16日安値

134円台の攻防へシフトする可能性を常に意識したい。焦点は134.14での攻防だろう。全戻しとなれば、さらに下値を模索する展開となろう。尚、直近のオーダー状況だが、134.50にはビッド、下の水準にはストップの観測がある。134.00には厚いビット&オプションバリアの観測あり。割り込んだ水準ではストップが置かれている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引の過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 株価指数の基礎知識

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • レバレッジ入門

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。