強まる世界経済の減速懸念

Market Overview-米小売振るわず

bg_chart_1481343

14日のグローバル市場でもリスク回避トレンドは継続した。12月の米小売売上高は前月比-0.9と、昨年1月以来となる大幅な落ち込みとなった。横ばいが見込まれたコア指数も同-1.0%となったことで、米経済に対する先行き不透明感が台頭し、米株は4日続落。欧州中央銀行(ECB)による緩和強化期待が根強い欧州株式も総じて1%以上下落した。

株式市場とは対照的に、安全資産への投資妙味が増したことで債券買いが加速。米債券市場では各ゾーンの利回りが低下した。一方、欧州債券市場ではリスク回避に加え、ECBの債券購入プログラムに関する欧州司法裁判所の肯定的な見解も材料視され、利回りは総じて低下(価格は上昇)。独10年債利回りはこれまでの最低となる0.423%まで下げる局面が見られた他、英30年債の利回りが過去最低水準を更新した。

外為市場ではドル売りの展開に。筆者は、リスク回避トレンドが鮮明となった場合、対新興国通貨でのドル上昇を想定していた。しかし、予想外に下振れた小売売上高の内容を受けドルロングを調整する動きが全体的に勝った。一方、円相場は「往って来い」の展開となった。リスク回避局面においては、もはやパターン化している円買いによりドル円はNYタイム序盤に116.07レベルまで下落した。しかし、その後は原油相場の反発と米株の下落幅縮小を受け円売り優勢の展開に。ただ、リスク回避ムードの中では戻りは弱く、ドル円は117.30前後、ユーロ円は138.20前後で推移したまま本日の東京時間を迎えようとしている。

昨日の動向で意外だったのが、NYタイムの円売りを誘発する要因となった原油相場の反発だった。だが、ボトムが近づいているシグナルと受け止めるのは早計だろう。「米国よ、お前もか」と強気派が言いたくなる程、昨日の小売売上高は現在唯一の頼みの綱である米経済に対する先行き不透明感を強めるには十分だった。さらに、昨年夏以降、銅価格(LME3ヵ月物)は下落トレンドを辿り続けている。銅価格は昨日、2009年7月以来の水準(5353.25ドル)まで低下する局面があったが、「産業の血管」と言われる銅価格の急落は、原油相場同様世界経済の減速を示唆している。故に過剰供給懸念が払しょくし切れていない原油価格はもうしばらく下値を模索し続ける可能性が高いだろう。よって、円相場ももう一段下値トライを想定したい。

Today’s Outlook -焦点は豪&米経済指標

原油価格の反発や終盤に米株の下落幅が縮小したことで、アジア時間は円買い圧力が後退する可能性がある。注目は、日本時間9時30分の豪州雇用統計となろう。リスク回避ムードが強まる中、労働市場の停滞が確認されれば豪ドル売りを誘発しよう。対ドルでは0.8050レベルの攻防に注目したい。一方、国内では9時30分に日銀支店長会議での黒田東彦日銀総裁による挨拶が予定されている他、14時30分には日銀地域経済報告(さくらリポート)が公表される。特に後者は今後の金融政策の方向性を見極める上で重要な資料となろう。

海外時間では引き続き米経済指標と企業決算に注視したい。特に注目は前者だろう。小売ショックが残る中、総じて弱い指標データとなれば、米株はさらに下値を模索する展開となろう。米金利にも低下圧力がかかることでドル円はテクニカル面で重要な115.50レベルをトライする可能性が高まろう。ECBによる緩和強化観測とリスク回避を受け、ユーロ円も137.00トライとなろう。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 118.35:10日MA(14日現在) 117.92:1月14日高値
サポート 116.00:サポートポイント 115.50:リトレースメント38.20%

昨日は下影陰線が示現。通常ならば転換シグナルとして捉えたいところだが、1月中のリスク選好回帰の可能性が低いことを鑑みるに、重要サポートポイント115.50トライの方を常に警戒すべきだろう。上値は5日MA(緑ライン)の攻防に注視したい。尚、直近のオーダー状況だが117.50、118.00そして118.50にはオファーが観測されている。116.00&115.50には厚いビッドとオプションバリアが観測されている。また、これら水準下ではストップが置かれている。

ユーロ円

レジスタンス 140.27:200日MA(14日現在) 139.00:レジスタンスポイント
サポート 137.00:1月14日安値 136.50:2014年10月24日安値

2014年高値からの76.40%戻し137.79レベルをも下方ブレイク。ドル円同様、トレンド転換シグナルの下影陰線が示現しているがECBの緩和強化観測を鑑みるに、137円ブレイクを常に意識しておきたい。尚、ユーロショートカバーの場合、目先は200日MAレベルまでの戻りは想定される。138.50&139.00にはオファー、137.00&136.50にはビッドがそれぞれ観測さている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • リスクの度合いを測る

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • 外国為替市場

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 取引の前に

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。