株高オンリーのリスク選好でドル&円売り

Market Overview-株式は堅調、米金利は低空飛行

bg_us stocks new 5

26日の海外外為市場でもドル相場の調整地合いが継続した。昨日発表された米経済指標はまだら模様の内容となり、米金利の反発を促すインパクトはなかった。一方、米国株式市場ではダウ工業株30種平均とS&P500種株価指数が過去最高値を更新。ナスダック総合株価指数も5日続伸し、約14年8カ月ぶりの高値水準で昨日の取引を終えた。米株が堅調さを維持すると同時に主要な欧州株式はほぼ横ばい圏で推移しリスク回避の兆候は見られず、主要な新興国株式市場ではロシアRTSとブラジルボベスパ以外総じて堅調だった。「株式堅調+米金利低下」という「株高オンリー」のリスク選好は外為市場でドル&円売り圧力を強めると同時に、資源国通貨買い圧力を強めた。また、主要な新興国通貨も対ドルで堅調に推移した。

ドルロング調整地合いは継続するも、ドル円は底堅い状況が続いている。直近高値からの23.60%戻し(下図チャート参考)117.47前後がサポートポイントとして意識されているが、短期サポートラインも明日にはこのサポートポイントとクロスする。また、日足の一目/転換線も117.30前後で推移している。昨日のレポートでも指摘したように、株高に加え、多くの投資家がドルロング/円ショートのポジション構築に乗り遅れたことがドル円の底堅さのもうひとつの要因と考えるならば、目先117円ミドル前後での攻防は重要な分岐点となろう。このサポートゾーンを一気に下方ブレイクする展開は、米株をはじめとしたグローバル株式市場で調整圧力が強まっている可能性が高い。株式市場全体が一時的に下値を模索するならば、円相場全体でも一度円高へ振れる展開となろう。

Today’s Outlook -レンジ相場継続

米感謝祭で市場参加者が少なくなることから、本日の外為市場はレンジ相場を想定したい。ドル円は上記で指摘したサポートポイント117円ミドル前後の攻防が焦点となるだろうが、米国株式が堅調さを維持していることを考えるならば、117.50前後が下値、オファーが観測されている118.00が上値となるレンジ相場となる可能性が高い。

ユーロドルも1.2500を挟んでの小動きを想定したい。ただ、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁に加え、コンスタンシオ副総裁も国債買い入れについて言及したことから、ユーロドルはややベアトレンドで推移する可能性がある。日本時間20時30分にはドラギECB総裁の講演が予定されている。ユーロ相場を動かす要因として注目したい。

一方、資源国&新興国通貨(対ドル)でもレンジ相場が想定されるが「株高オンリー」のリスク選好の影響から底堅い状況が終始継続する展開を想定している。

Technical analysis highlights

レジスタンス 118.50:レジスタンスポイント 118.00:レジスタンスポイント
サポート 117.47:リトレースメント23.60%戻し 117.30:短期サポートライン

本日もレンジ相場を想定。ドルロング調整地合いが続く中、焦点は117円ミドル前後の維持となろう。短期サポートラインは117.30レベルまで上昇しているが、ほぼ同じ水準には日足の一目/転換線も推移している。尚、朝方のオーダー状況だが、118.00、118.60-85レベルにはオファーが観測されている。ビッドは117.00レベルに観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2575:レジスンタスポイント 1.2531:11月26日高値
サポート 1.2400:サポートポイント 1.2358:11月7日高値

1.2500を挟んでのレンジ相場を想定。ユーロのショートカバーが続いた場合は、目先のレジスタンスポイント1.2575前後をトライする可能性が高まろう。ただ、基調はユーロベアで変わらず。常に1.2400割れを警戒したい。尚、朝方のオーダー状況だが、1.2550レベルにはオファー、1.2420から1.2400にかけては断続的にビッドが観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • レバレッジとリスク

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • CFD取引

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • オートチャーティスト

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。