米国ウィークリー 2017/10/17号

静かなる熱狂?

bg_usd_8775
  • 「高揚感無き成長」。日米欧と新興国により開催されたG20で、議長国バイトマン独連銀総裁は記者会見で「世界経済はこの1年で均衡のとれた成長が進んだ」との認識を示した。10/12-13の財務省・中央銀行総裁会議で2017年の世界経済は7年ぶりに全ての国・地域でプラス成長となり、回復は力強さを増していることが確認された。ただ、物価の低迷や債務の拡大など、改革の課題が残されていることもあって、世界経済の現状は冒頭の言葉で報道された。
    10/10、IMFは世界経済見通しで、2016年半ばに始まった世界経済の循環的上昇局面が力強さを増しているとし成長率見通しを上方修正。日米欧中で成長が加速し、2017年は世界の約75%の国・地域で経済が拡大。世界成長率はボトムとなった2016年の3.2%に対して2017年は3.6%に達すると予想。下方修正が続いた昨年までと様変わりし、今年は見通し発表毎に上方修正である。

 

  • WTOは、2017年の世界貿易量見通しを4月時点の前年比2.4%増から同3.6%増に上方修正しており、モノの活発な動きが世界経済の拡大状況を裏付けていると言えよう。実際、WTOによる四半期ベースの世界の貿易総額(金額)は、2016/4Q(10-12月)に前年同期比2.0%増と9四半期ぶりにプラス転換し、2017/1Q(1-3月)が同11.1%増、2Q(4-6月)が同7.5%増と増勢基調にある。
    「根拠なき熱狂」。1996/12、当時FRB議長であったグリーンスパン氏が講演の際にバブルの兆しをけん制した言葉の一部である。その後ITバブルに突入し1990年代初めから120ヵ月続いた米国の景気拡大局面は、2001/3にピークを迎えバブルは崩壊し終焉を迎えた。現状の景気拡大局面は、2017/10末で節目の100ヵ月を迎える。過去に例のない極めて緩やかな利上げ等金融出口戦略、世界的景気拡大局面も1年を過ぎたに過ぎない。米国の景気拡大局面は暫く続く可能性もある。イエレンFRB議長は10/15の講演で、利上げの継続のほか賃上げ圧力の高まりなど強い労働市場を受けて、来年にはインフレが上向き2019年までには目標の2%に到達すると強調した。ただ、景気は循環すること、歴史は繰り返されることを念頭に、分散投資(銘柄別、資産別、時間軸など)も心掛けたい。決算発表が本格化するなか業績期待の高まりが想定され、堅調な地合いを維持すると見る。ただ、狭いレンジ相場が続くと予想する。(庵原)
phillip_fig_Weekly_Oct17th_01


S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(10/13現在)

phillip_fig_Weekly_Oct17th_03
phillip_fig_Weekly_Oct17th_02

■主な企業決算 の予定
●10月17日(火):J&Jモルガン・スタンレーゴールドマン、IBM、中国工商銀行
●18日(水):アルコアアメックス、ASML
●19日(木):ブラックストーン、ベライゾン
●20日(金):GEP&G

■主要イベントの予定
●10月17日(火) :
・9月の輸入物価指数
9月の鉱工業生産指数
10月のNAHB住宅市場指数
・8月の対米証券投資統計
・フィラデルフィア連銀総裁、講演
・英 9月の物価統計
ユーロ圏 9月消費者物価指数
・独 10月のZEW景況感指数
●18日(水) :
9月の住宅着工件数
地区連銀経済報告(ベージュブック)
ニューヨーク連銀総裁、ダラス連銀総裁が講演
・英 9月の雇用統計※ILO基準は6-8月
中国共産党第19回全国代表大会、開幕
●19日(木):
・新規失業保険申請件数(14日終了週)
10月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数
9月の景気先行指標総合指数
・EU首脳会議(10/20まで)
中国GDP7-9月)、9月の小売売上高、工業生産、固定資産投資
・APEC財務相会合(ベトナム・ホイアン、10/21まで)
●20日(金):
イエレンFRB議長、クリーブランド連銀総裁、講演
9月の中古住宅販売件数             

(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 価格とウエイト

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • 取引の前に

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • オートチャーティスト

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。