個別銘柄レポート:ホーム・デポ

既存店売り上げが好調、約40億USDの自社株買い

bg_house_building_1496356

ニューヨーク | 家庭用品小売業 | 業績フォロー

BLOOMBERG HD:US | REUTERS HD

  • 2018/1期4Q(2017/11-2018/1)は、売上高が前年同期比7.5%増の238.83億USD、純利益が同2.0%の17.79億USD。EPSは1.52USDと市場予想の1.44USDを上回った。
  • 既存店売上高が同7.5%増と市場予想6.5%増を上回る伸びだった。また、オンライン販売売上高は同21%増と高成長を維持。
  • 2019/1通期の市場予想は、売上高が同6.8%増の1,077.76億USD、当期利益が同25.6%増の108.37億USD。

What is the news?

2018/1期4Q(2017/11-2018/1)は、売上高が前年同期比7.5%増の238.83億USD、純利益が同2.0%の17.79億USD。EPSは1.52USDと市場予想の1.44USDを上回った。住宅ブームや、南部やプエルトリコで大型ハリケーンからの復興需要が追い風となり増収増益となった。製品別では、プロ向け建設資材の販売が好調で、木材、断熱材、石膏など全てのサブカテゴリーが同2桁の増収だった。同社は、ハリケーンの復興需要により売上高が3.80億USD押し上げられた一方、ハリケーン関連費用が66百万 USD生じたことに加え、復興関連の売上は利益率も低いため売上高総利益率が33.9%と前年同期から12bp 低下したとしている。また、税制改革に伴う一時費用として1.27億USDを計上。その影響によりEPSが0.17USD押し下げられ、実効税率も39.6%と前年同期の35.2%から上昇した。
既存店売上高は、同7.5%増と市場予想6.5%増を上回る伸びだった。店舗の経営状況を反映するコア3指標は全て堅調に伸びた。顧客の購買件数は前年同期比2.0%増の3億6,665万件、1回あたり平均購入金額が同5.5%増の64.00USD、売り場面積1平方フィート当たりの売上高が同7.8%増の394.87USDであった。また、同社が注力するオンライン販売の売上高は同21%増と高成長を維持した。

How do we view this?

2019/1通期の会社計画は、53週ベースで売上高が前期比約6.5%増、既存店売上高が52週ベースで同5.0%増、売上高総利益率が34.0%、営業利益率が14.5%、実効税率が26.0%、設備投資が約25億USD、減価償却費が約21億USD、新規出店数が3店舗である。また、約40億USDの自社株買いを実施する計画で、自社株買いの影響を考慮した後のEPSが53週ベースで同28.0%増の9.31USDである。2019/1通期の市場予想は、売上高が同6.8%増の1,077.76億USD、当期利益が同25.6%増の108.37億USD。同社は中期経営計画を上方修正。2020/1通期での目標係数を、売上高が115-120億USD、既存店売上高が4.5-6.0%、営業利益率が14.4-15.0%、設備投資が売上高の2.5%、投下資本利益率(ROIC)を40%(従来計画36.4-39.6%)とした。

phillip_fig_HomeDepot_Mar15th_01
配当予想(USD) 4.04 (予想はBloomberg)
終値(USD) 179.71 2018/3/12

会社概要

1978年設立の世界最大のホームセンター。DIY(日曜大工)のためのワンストップショッピング(必要とするすべての商品を1ヵ所で取り揃えることができる業態)というビジョンのもと、1979年にジョージア州アトランタで初の出店を果たした。各種建築資材や工具、リフォーム用品、 芝刈機やガーデニング関連用品のほか、住宅オーナー向けの施工サービスなどのサービスも提供する。
2018/1末、店舗数は2,284店舗。米国全50州のほか、コロンビア、プエルトリコ、アメリカ領ヴァージン諸島、グアム、カナダの10州とメキシコでも展開しており、従業員は40万人を超える。典型的な店舗は、10.5万平方フィートの屋内小売スペースに加え、24万平方フィートの屋外ガーデンエリアを有する。また、個人顧客からプロの建築業者向けまで3-4万種類の製品の在庫を保有し、100万種類以上の製品を提供する電子商取引ビジネスとも相互連携している。

企業データ(2018/3/13)
ベータ値1.03
時価総額(百万USD) 209,856
企業価値=EV(百万USD) 233,289
3ヵ月平均売買代金(百万USD) 1,004

phillip_fig_HomeDepot_Mar15th_02
主要株主(2018/3) (%)
1. Capital Group Companies INC 7.38
2. Vanguard Group 6.93
3. BlackRock 6.13

(出所:Bloombergをもとにフィリップ証券作成)


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員 庵原浩樹
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。