40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

米国マンスリー2017年10月号

金融政策とマーケット展望!

金融政策とマーケット展望!

FRBは9月のFOMCで予想通り資産縮小開始を決定し、年内追加利上げの可能性も示唆した。FF金利先物からみた12月の利上げ確率は、FOMC後70%程度に上昇している。

一方、インフレ見通しの引き下げ等FRBは慎重姿勢を持続。追加を含む年3回利上げは従来からの見通しであり、ペースは緩やかと言えよう。ただ、市場ではFOMCを契機に利益確定の動きも見られ、短期的な調整の可能性もあろう。一方、税制改革の進展、業績期待の高まりなどが相場をサポートすると見る。(庵原)


【金融出口戦略に向かうFRB~インフレ率は弱いが金融正常化を進める!】

phillip_fig_month_OCT17_01


世界経済は順調な拡大続く?

OECDによれば、世界は日米欧など主要国を中心に同時に成長率が高まる状況にある。ただ、投資や貿易の回復は弱く、中期的な持続的成長に疑問を呈している。賃金の伸びの弱さ、低インフレ、新興国市場の高成長に改革が必要であるとしている。

ただ、WTOの統計では世界の貿易額は2016/4Q以降増勢となっており、主要国・地域やアジア、中南米が堅調なほか、旧ソ連、アフリカ、中東は顕著な伸びを示している。過去のトレンドから見ても、当面良好な状況が続きそうだ。国際小包の輸送量増加、Eコマースの成長加速などの恩恵を享受するフェデックス(FDXなど関連企業に注目したい。(庵原)


【主要国は足並み揃えて成長率拡大~世界経済の順調な拡大は続く?】

phillip_fig_month_OCT17_02


企業業績と金利と株価と!

ITバブルの崩壊、サブプライムローンに端を発した金融危機(リーマンショック)などでの急落はあったものの、米国株の上昇トレンドは不変であると言えよう。背景としては、米国の企業業績の拡大が挙げられる。量的緩和と金利低下など金融政策も大きな後押しとなったと言えよう。

S&P500構成企業は2016/3Q(7-9月)に増益に転じ、2017/1Q、2Qと2四半期連続で2桁増益となった。3Qは現状、1桁増益予想だが、見通しは明るい。ただ、株価上昇ペースは、金融政策の出口戦略に伴い緩やかになる可能性もあろう。(庵原)

【業績拡大、金利低下が支える株価の展望!~上昇モメンタムは続く?】

phillip_fig_month_OCT17_03

高成長見通しの顔認証システム

世界的に生体認証の需要が高まっている。2013年のアップル(AAPL)によるiPhoneへの指紋認証システム導入はひとつの契機になったと見られる。発売10周年モデルiPhone Xには顔認証機能が掲載され、改めて生体認証関連企業が注目される。

顔認証は利便性が高く、政府、金融のほか、空港のゲート、施設への入退場などニーズは多様である。一部調査会社によれば、顔認証システムの2017-2021年の市場は、年率約22.5%の成長が見込まれている。ただ、同システムの関連企業の多くは未上場企業。大手では、グーグルのアルファベット(GOOGL、自動車部品大手のデルファイ(DLPHなどが挙げられよう。(庵原)、


iPhone Xへの顔認証システム搭載~改めて注目される生体認証!】

phillip_fig_month_OCT17_04
phillip_fig_month_OCT17_04-1


エネルギーセクターに資金流入!

WTI原油先物価格は、足元で50ドル台乗せと数ヵ月ぶりの水準で推移。年一度開催のアジア太平洋石油会議(APPEC)でインドを中心に需要は強含み、2019年までに世界で供給不足に陥る可能性が示された。

一方、米エネルギー省は、ハリケーン「ハービー」が生産・供給体制に大きく影響し、「イルマ」の影響も不確実で正常化への先行きには不透明感があるとしている。エネルギーセクターの株価は9月月初来業種別上昇率でトップ。アパッチ(APAハリバートン(HALシュルンベルジェ(SLBなどに注目したい。(庵原)


【原油価格は堅調推移となるか?~出遅れのエネルギーセクターに注目!】

phillip_fig_month_OCT17_05


大きな転換期迎えた自動車業界

「ダイソンお前もか」。IT企業参入が相次ぐなか、創業者ダイソン氏が2020年までのEV製造を明らかにした。英仏が2040年までにディーゼル車・ガソリン車を禁止する方針で、中国政府もガソリン車やディーゼル車の製造・販売禁止の方針を示唆。

EV関連の商機は拡大していると言えよう。各社の開発スピードは加速し、競争は激化の様相である。世界販売トップのフォルクスワーゲンは2025年までにEV50車種を投入し、テスラ(TSLA)は急速充電スタンド網をシカゴ、ボストンなど都市中心部に拡大する。フォード(F)ゼネラル・モーターズ(GM)デルファイ(DLPH)などの同業やIT企業等との連携の動きにも期待したい。(庵原)


EV開発競争が激化~異業種参入で完成車メーカーは生き残れるか?】

phillip_fig_month_OCT17_06


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • よくある間違い

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • IG証券の金CFD取引

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 市場を動かす要因

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。