検索
40年の歴史
世界約152,600名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

米国マンスリー2017年6月号

6月は高値圏推移も上値の重い展開へ!

bg_us_trader_charts_1499965

マーケットへの影響は限定的?

ウォーターゲート事件では当初、ニクソン大統領が直接関与していないと見られ国民から高い支持率を得ていた。しかし、長期の捜査の末、同大統領の工作が暴かれ支持率が急落し、株価は大幅な下落となった。

トランプ大統領のロシア疑惑は、市場のリスク要因である。しかし、既にトランプ大統領の関与が疑われていること、支持率は低下したが就任当初以来低い水準であること、などがウォーターゲート事件とは異なる。可能性は低いと見るが、任期中の辞任となっても、市場への影響は限定的になるものと考えている。(庵原)


【ウォーターゲート事件とトランプ大統領のロシア関連疑惑とマーケットと!】

phillip_fig_month_June17_01


高値圏推移も上値重い展開へ!

6月相場は引き続き高値圏での推移を見込むが、上値の重い展開を予想する。2015年以降、S&P500の予想PERは15-19倍のレンジで推移してきたが、足元では18倍台半ば水準にあり、利益確定売りも出やすいと見ている。NYダウ、ナスダックも同様にレンジ上限に近い水準だ。

想定通り6月に利上げが実施となれば、金利が上昇し足元のドル安が一転ドル高基調になると想定され、株価の上値を抑える可能性もあろう。ただ、金利上昇ピッチが緩やかで企業業績期待が再び高まれば、主要指数の高値更新もあろう。(庵原)


【6月相場は上値の重い展開?~高値圏で推移も予想PERは上限に近い】

phillip_fig_month_June17_02


長期化の景気拡大局面は続く?

金融危機を脱して2009/7以降の景気拡大期は2017/6で丸8年(96ヵ月)経過となる。1945-2009年における11回の景気拡大局面の平均期間58.4ヵ月からみるとかなりの長期化となっている。ただ、2001/12以降では73ヵ月、1991/4以降では120ヵ月に及んだ。

一方、景気後退期間は2007年の金融危機では18ヵ月、2001年時と1990年時ではともに8ヵ月と拡大期が長期化し後退期は短期化している。動向を見るうえでは先行するISM景況指数が参考となる。今後の経済・金融政策が鍵を握ろう。(庵原)


6月で丸8年を迎える景気拡大局面は今後も続く?~経済・金融政策が鍵】

phillip_fig_month_June17_03


経済指標改善が利上げの鍵へ

トランプ大統領の「ロシアゲート」を巡る政治不安が嫌気され、5/17のNYダウは昨年9/9以来、約8ヵ月ぶりの下げを記録。しかし、足元では再び高値圏に戻る動きが見られる。

米株高で10年国債利回りは上昇し、5/23時点で2.30%台に接近。長期金利の上昇はドルインデックスの下値をサポートしている。また、6月の利上げへの不安は一旦後退し、5/23時点の利上げ確率は100.0%に上昇した。ただ、このところ弱い景気指標も散見され、年内の利上げペースを見通すうえで、ISM景況指数、雇用統計など重要経済指標の動向には留意したい。(袁)


6月の利上げ確率100%だが~今後の重要経済指標には留意したい】

phillip_fig_month_June17_04


減産延長合意でも上値の抑制へ

原油市況は上昇の勢いが続き、5/23のWTI原油先物価格は前日比0.34ドル高の51.47ドルと5日続伸。5/25に開催されるOPEC総会で9ヵ月の協調減産の延長観測から買いが優勢となった。エクソンモービル(XOMハリバートン(HALなど石油大手の業績改善も見られる。

4月のOPEC加盟国石油生産量は3月比4万バレル/日減少の3,189.5万バレル/日。サウジアラビアは微増となったが、主要産油国のイラク、イランやアラブ首長国連邦は生産量を削減した。OPEC総会で減産延長を合意すれば、価格の上昇で米国のシェールオイル生産も増加する可能性があり、原油先物価格の上値を抑えそうだ。(袁)


OPECの減産延長の合意は原油価格を大きく押し上げるか?】

phillip_fig_month_June17_05


2018会計年度予算の成立に懸念

5/23、2018会計年度(2017/10-2018/9)の予算教書を公表した。トランプ政権は国防費の増額に加え、インフラへの投資やメキシコとの国境沿いに壁を建設する費用などが盛り込まれている一方、低所得者向けの医療費の補助を見直すことなども提案した。また、大型減税などで経済成長率を3%に高め、財政収支を10年で黒字転換させる案もある。

一方、野党・民主党からは低所得者向けの医療費補助の見直しなどに反発が出ていて、予算成立に向けて与野党の対立が激化しそうだ。また、大型減税は4月に公表されたが具体的な政策が示されず、実現への不透明感は残されたままである。(袁)


2018会計年度の予算教書は与野党対立激化の導火線か?】

phillip_fig_month_June17_06


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

記事を探す

投資手法・戦略ガイド

  • 「売り」取引の方法

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • 株価指数の基礎知識

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • トレンド

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。