外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

リスク限定オプション銘柄詳細情報

オプション取引とは、あらかじめ決められた将来の一定の日又は期間において、原資産を契約した価格(権利行使価格)で取引する権利(オプション)を売買する取引です。

  • FXリスク限定オプション取引
  • 株価指数リスク限定オプション取引
  • 記載事項の解説

FXリスク限定オプション取引:詳細一覧表

通貨ペア 注文受付(取引)時間
※日本時間
スプレッド(pip) 損益額
(±1pip/1ロット当たり)
USD/JPY
USD/JPY
取引開始:2:00 (夏:1:00)
注文終了:0:59 (夏:23:59)
取引終了:1:00 (夏:0:00)
※14.参照
2~ ±1,000円
EUR/JPY
EUR/JPY
2~ ±1,000円
GBP/JPY
GBP/JPY
2~ ±1,000円
EUR/USD
EUR/USD
2~ ±10米ドル
GBP/USD
GBP/USD
2~ ±10米ドル
AUD/USD
AUD/USD
2~ ±10米ドル
USD/CHF
USD/CHF
2~ ±10スイスフラン
USD/CAD
USD/CAD
2~ ±10カナダドル

株価指数リスク限定オプション取引:詳細一覧表

株価指数 注文受付(取引)時間
※日本時間
スプレッド(pip) 損益額
(±1pip/1ロット当たり)
日本225
日本225
取引開始:9:00
注文終了:14:59
取引終了:15:00
8~10 1,000円

記載事項の解説

  1. 本取引商品は重要事項説明書において「リスク限定オプション取引」と呼ばれています。リスク限定オプション取引は差金決済であり、原市場における権利の執行および現物の受け渡しは行いません。なお、当該取引における原資産は、各リスク限定オプション取引に関連する通貨ペアおよび株価指数となります。
  2. リスク限定オプション取引は「上昇オプション」と「下落オプション」の2種類が存在し、「上昇オプション」は買いポジションのみ、「下落オプション」は売りポジションのみ保有が可能です。「上昇オプション」の売りポジション、「下落オプション」の買いポジションを保有することはできません。
  3. 「上昇オプション」と「下落オプション」にはそれぞれに「権利行使価格」が設定されます。「上昇オプション」の取引価格は、各銘柄の権利行使価格に、権利行使価格および残存期間が同じプレーンタイプのコールオプションのプレミアムおよびスプレッドを加算した価格となります。取引時間中に提示される「上昇オプション」の売値(清算価格)は権利行使価格を下回ることはありません。
    「下落オプション」の取引価格は、各銘柄の権利行使価格から、権利行使価格および残存期間が同じプレーンタイプのプットオプションプレミアムおよびスプレッドを減算した価格となります。取引時間中に提示される「下落オプション」の買値(清算価格)は、権利行使価格を上回ることはありません。
    コール/プットオプションのプレミアムは原資産の価格、原資産の現在価格と権利行使価格の差、原資産のボラティリティ、取引終了までの時間に弊社の収益を加味して提示されます。
  4. 取引スプレッドはマーケット環境および取引終了までの残存時間等により変動します。また、取引終了間際では取引スプレッドが大きく拡大することがあります。
  5. リスク限定オプション取引 では、権利行使価格および売値/買値は、当社が設定する原資産の1pipを1ポイントとして表示するため、FXを原資産とするオプションでは通常の通貨ペアとは異なる表示となります。例えば「原資産USD/JPY、 上昇オプション、 権利行使価格80.00円」の場合、銘柄名は「USDJPY 上昇オプション 8000」 、売値 /買値 は「8000.0/8005.0」 となります。
  6. リスク限定オプションに対する維持証拠金額はポジションから発生しうる最大損失額(※取引 通貨ベース)と同額となります。「上昇オプション」の買いポジションは(権利行使価格-建値)にロット数と1pip 当たりの損益額を乗じた額が最大損失額となります。「下落オプション」の売りポジションは(建値-権利行使価格)にロット数と1pip 当たりの損益額を乗じた額が最大損失額となります。
  7. リスク限定オプション取引は、(1)原資産がFXの場合、取引 時間 終了後にブルームバーグが最初に更新した原資産価格を判定価格とします。 (2)原資産が株価指数の場合、取引時間終了後に 原市場が発表する公式終値(清算値) を判定価格とします。「上昇オプション」は、判定価格が権利行使価格以上である場合には判定価格で清算され、判定価格が権利行使価格を下回っていた場合には権利行使価格で清算されます(最大損失)。「下落オプション」は、判定価格が権利行使価格以下である場合には判定価格で清算され、判定価格が権利行使価格を上回っていた場合には権利行使価格で清算されます(最大損失)。確定した損益は取引終了後に随時お客様の取引口座に反映されます。
  8. 「上昇オプション」は、ポジション保有後に原資産の価格が権利行使価格を下回っても(アウトオブザマネーの状態であっても)、ポジション保有を継続することができます。同様に「下落オプション」は、ポジション保有後に原資産の価格が権利行使価格を上回っても(オウトオブザマネーの状態であっても)、ポジション保有を継続することができます。いずれのオプションもアウトオブザマネーの状態で新規保有することが可能です。ただし、取引時間終了時点でアウトオブザマネーのオプションは権利行使価格で決済されるため、損失が発生しますのでご注意ください。
  9. お客様の口座通貨(円か米ドル)以外の通貨にて取引を行っている場合、損益額はまず取引通貨にて計算され、その後、自動的に口座通貨に換算し口座残高に反映されます。(口座通貨への換算は、弊社の基準レートに所定のコストを加減したレートで行われます)
  10. 休日やマーケットの状況等によって、取引開始の遅延や取引終了の短縮、または休場となる場合がありますので、ご了承ください。
  11. 口座における未確定損失が拡大し、証拠金率(証拠金有効残高÷維持証拠金×100)が75%に達し、あるいは下回った場合、口座ごとに未決オーダーのキャンセルおよび保有ポジションの強制ロスカットが行われます。また、個人のお客様の場合は上記に加えて1日1回、東京時間の正午(昼の12時)に各口座の証拠金率を確認し、証拠金率(証拠金有効残高÷維持証拠金額×100)が100%未満だった場合は100%を上回るまで、口座ごとに未決オーダーのキャンセルおよび保有ポジションの強制ロスカットを行います。なお、ロスカット対象の未決オーダーまたは保有ポジションの銘柄が正午(昼の12時)に取引可能ではない場合は、当該銘柄の取引時間内にロスカットが執行されます。
  12. 週明け月曜日の取引開始時間は、原則8時(夏時間:7時)です。但し、月曜日早朝はマーケットの流動性が低い為、価格提示と取引開始が大幅に遅れることがあります。ご了承ください。
  13. オプション取引では、お客様の口座に関するいかなる説明にかかわらずロールオーバーは適用されません。すべてのオプションはあらかじめ決められた取引期限のルールに従って決済されます。各銘柄毎の清算日に関する詳しい情報は取引システムでご覧いただけます。

関連ページ

IGアカデミーでトレードスキルを向上させましょう

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、グローバル金融市場での40年以上の経験を持つリーディングカンパニーIGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。