商品(コモディティ)のトレード

IG証券の商品CFDはエネルギー、貴金属、農産物など幅広い銘柄を提供。また、原油や金など主要な商品については「円建て」銘柄も提供しております。バイナリーオプションでも金、銀、原油先物をトレードすることができます。

口座開設

リアルタイムレート|商品

マーケット 売値 買値 更新時間 変動値
liveprices.javascriptrequired
WTI原油先物
-
-
-
-
NY天然ガス先物
-
-
-
-
北海原油先物
-
-
-
-
スポット・金 (100toz)
-
-
-
-
スポット・銀 (5,000toz)
-
-
-
-

※上記リアルタイムレートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。
※更新時間はイギリス時間になります。

商品(コモディティ)銘柄を検索する

このボックスを使って商品銘柄に関するマーケットデータやニュース・分析、動画を検索することができます。

この機能は、JavaScriptが必要です。

共有ファインダー

※こちらの検索フォームは現在、半角英数字のみの対応となっております。

商品トレードの新しい選択肢

IG証券では24の主要な商品銘柄について取引期限なし(スポット)CFD取引を提供しています。

仕組みは株価指数CFDと同様で、保有ポジションにはファンディンコストがチャージされます。

商品CFD(期限なし)をトレードするメリットの一つは、取引期限がないため継続性のあるチャートデータを提供できるという点です。これにより商品先物 CFDでは不可能だったテクニカル分析によるトレード戦略の構築が可能となりました。過去3か月から5年に遡ったデータを使用しているため、ヒストリカ ル・トレンドを正確に把握することができます。

直物の価格はどのように算出されているのでしょうか?

商品CFD(期限なし)には継続的に取引されている原市場が存在しません。そのため、IGでは各銘柄のフォワードカーブから価格を導き出すアルゴリズムを開発しました。このアルゴリズムは日々のファンディングコストを自動的に算出します。

  • 取引により高い透明性を提供

    継続的な取引の流れをトラックできるため、ポジションの保有期間中の損益状況をよりクリアーに把握することができます。

  • テクニカル分析が可能

    商品CFD(期限なし)では、直近3か月から5年まで遡ったプライスデータを利用してテクニカル分析が可能です。

商品CFD取引例

ここでは、WTI原油先物の買い取引、スポット金(直物)の買い取引を例にご説明します。

商品のトレードは初めてですか?

商品はグローバル経済を構成する基本的な要素のひとつであり、世界の商品取引所で取引される天然資源です。

商品には「ソフト」と「ハード」の2つの大きな分類があります。ソフト・コモディティは小麦や砂糖、コーンなどいわゆる農産物を指し、ハード・コモディティは金や天然ガスなどの金属やエネルギーを指します。

コモディティの生産と消費は下記の要因によって決定されます。

  • 需要と供給
  • 天候
  • 政治経済イベント
  • 米国ドルの動向(一般的に商品の価格は米国ドルによって設定されます)

商品価格はこれらの要因によって大きく変動します。

では、商品はどんな所で取引されるのでしょうか?

商品は特定のマーケットに特化した様々な市場において取引されています。下記が商品を取り扱っている代表的な市場です。

  • ロンドン国際金融先物取引所(LIFFE):農産物
  • ロンドン金属取引所(LME):非貴金属
  • シカゴ・マーカンタイル取引所(CME): エネルギー及び貴金属
  • ICEフューチャーズUS: 農産物
  • ICE先物取引所:エネルギー
  • シカゴ商品取引所(CBT): 農産物

商品は通常は先物として取引されます。商品先物はあらかじめ決められた期日と価格で取引を行います。これにより、実際に現物の商品を保有することなく効率的に商品を取引することが可能になります。

あざみ陽子が商品をはじめとする主要な資産クラスの銘柄選定のポイントについて分かりやすく解説

商品CFD -期限なし-

商品CFD -期限なし-

IG証券取扱の商品CFD(期限なし) には取引期限がありません。ポジションはお客様ご自身で清算をするまで清算はされません(強制ロスカットを除く)。 価格は原資産市場の先物価格を元に提供しています。また、保有ポジションにはファンディングコストの調整額が別途計上されます。

 

スプレッド

スポット・金 (100toz) 0.4
スポット・銀 (5,000toz) 3.0
WTI原油先物 3.0
北海原油先物 3.0
シカゴ小麦 先物 0.8
ロンドン砂糖 先物 0.6

商品CFD -先物-

商品CFD -先物-

 

スプレッド

NY金先物 0.6
NY銀先物 3
WTI原油先物 6.0
北海原油先物 6.0
シカゴ小麦先物 1.0
ロンドン砂糖先物 0.8

商品口座とは

商品口座は、商品CFDがお取引いただける口座です。多彩なラインアップから、お客様に合った銘柄を見つけることができます。

商品口座にてお取引いただける銘柄

  • エネルギー先物CFD
    エネルギーCFDは8銘柄を提供。特に人気の高いNY原油(WTI)先物およびNY天然ガス先物は「円建て」もお取引いただけます。
  • 貴金属CFD
    貴金属CFDはスポット(現物)と先物の主要10銘柄に加え、特に人気の高いスポット金・銀は「円建て」もご用意しています。
  • 農産物先物CFD
    農産物CFDはNY、シカゴ、ロンドン、パリの世界の主要先物22銘柄がお取引いただけます。
  • エネルギーバイナリー
    世界の原油先物取引の中で最も取引量の多いNY原油(WTI)先物のラダーオプションとワンタッチオプションを毎日(平日のみ)お取引いただけます。
  • 貴金属バイナリー
    NY金先物とNY銀先物のラダーオプションとワンタッチオプションを毎日(平日のみ)お取引いただけます。

証拠金振替にあたっての注意事項

  • 証拠金の入金は「みずほベストレシーバー」によるATMまたは金融機関窓口からお客さま専用口座への入金、または、提携インターネットバンキングからのクイック入金サービス「24Hコネクト入金」にてお願いしております。
  • ポジション及び証拠金の移行後、FX口座と各CFD口座は別々の証拠金計算となります。 一方の口座に余剰金がある場合でも、もう一方の口座で証拠金不足が生じた場合は自動ロスカットとなりますので、資金配分に十分ご注意いただきますようお願いいたします。

今すぐ口座開設

IG証券の口座開設は、4ステップで完了する簡単なお手続きです。
まずは、お手元に運転免許証などの本人確認書類をご用意ください。

口座開設

こちらのコンテンツもお勧めです

  • IG証券のマーケットデータ

    外国為替、個別株式、株価指数、債券先物、商品をカバーするグローバル市場約7,500銘柄のマーケットデータを無料で提供。プライスデータ、チャート、企業財務データ、市場センチメント、アナリストレーティング、ニュースなど日々の分析に欠かせない必須データが満載です。

     

  • ProRealTimeチャート

    IG証券のフラッグシップ取引プラットフォームと一体化して利用できる高機能チャートパッケージ。自動取引システムProOrderも搭載。

  • 経済カレンダー

    その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。

例:NY原油(WTI)先物の買い取引例

例:NY原油(WTI)先物の買い取引例

IG証券のエネルギーCFD取引では、WTI原油先物、北海原油先物、NY天然ガス先物など全8銘柄をお取引できます。取引手数料は全て無料、維持証拠金率は総取引金額の5%(レバレッジ20倍相当)となっています。

WTI原油先物は「ドル建て」と「円建て」の2種類がありますが、ここではドル建てを例にエネルギーCFDの買い取引について解説しましょう。

Step1:ポジションを保有する

お客様は、WTI原油先物が今後上昇すると予想し、売値8494.0/買値8500.0のときに、5.0ロット(1ロット=1,000バレル)の買いポジションを保有したとします。

この場合の取引に係る金額の詳細は以下の通りです(1ドル=90円で計算)。

総取引金額
買値8500セント(=85.00ドル)×10USD(1ポイント相当額)×5ロット=425,000ドル
日本円換算:425,000ドル×90円=38,250,000円

必要な維持証拠金
中値8497.00(※1)×10USD(1ポイント相当額)×5ロット×5%(※2) =21,242.5ドル
日本円換算:21,242.5ドル×90円=1,911,825円

※1.ポジション保有後の必要証拠金額は、売値と買値の中間の値、中値(8497)で算出されます。
※2.WTI原油先物の維持証拠金率は、総取引金額の5%です。詳しくは商品CFD:契約詳細情報をご覧ください。

STEP2: ポジションを清算する

<WTI原油先物の価格が上昇した場合>
その後、お客様の予想通りWTI原油は上昇し、売値8550/買値8556に達したところで5.0ロットすべてを清算することにしました。

本取引での利益金額は以下の通りです(1ドル90円で変化なしと仮定)。

損益の計算

売総取引金額
売値8550セント(=85.50ドル)×10USD(1ポイント相当額)×5ロット=427,500ドル

買総取引金額
買値8500セント(=85.00ドル)×10USD(1ポイント相当額)×5ロット=425,000ドル

損益額
売総取引金額427,500ドル-買総取引金額425,000ドル=+2,500ドル
∴2,500ドル×90円=+225,000円

<WTI原油先物の価格が下落した場合>
その後、お客様の予想に反しWTI原油は下落し、売値8450/買値8456に達したところで5.0ロットすべてを清算することにしました。

本取引での損失金額は以下の通りです(1ドル90円で変化なしと仮定)。

損益の計算

売総取引金額
売値8450セント(=84.50ドル)×10USD(1ポイント相当額)×5ロット=422,500ドル

買総取引金額
買値8500セント(=85.00ドル)×10USD(1ポイント相当額)×5ロット=425,000ドル

損益額
売総取引金額422,500ドル-買総取引金額425,000ドル=▲2,500ドル
∴2,500ドル×90円=▲225,000円

例:スポット金(直物)の買い取引例

例:スポット金(直物)の買い取引例

IG証券の貴金属CFD取引は、金、銀、NYパラジウム先物、NYプラチナ先物など全10銘柄がお取引できます。取引手数料は全て無料、維持証拠金率は総取引金額の5%(レバレッジ20倍相当)となっています。

スポット金(直物)は「ドル建て」と「円建て」の2種類がありますが、ここではドル建てを例に貴金属CFDの買い取引について解説しましょう。

STEP1: ポジションを保有する

お客様は、スポット金が今後上昇すると予想し、売値999.50/買値1000.00(単位:ドル/1トロイオンスtozあたり)のときに、2.0ロット(1ロット=100toz)の買いポジションを保有したとします。

この場合の取引に係る金額の詳細は以下の通りです(1ドル=90円で計算)。

総取引金額
買値1000.00×100USD(1ポイント相当額)×2ロット=200,000ドル

日本円換算:200,000ドル×90円=18,000,000円

必要な維持証拠金
中値999.75(※1)×100USD(1ポイント相当額)×2ロット×5%(※2)=9,997.5ドル
日本円換算:9,997.5ドル×90円=899,775円

※1.ポジション保有後の必要証拠金額は、売値と買値の中間の値、中値(999.75)で算出されます。
※2.スポット金の維持証拠金率は、総取引金額の5%です。詳しくは商品CFD:契約詳細情報をご覧ください。

<スポット金の価格が下落した場合>

その後、お客様の予想に反しスポット金は下落し、売値990.00/買値990.50に達したところで2.0ロットすべてを清算することにしました。

本取引での損失金額は以下の通りです(1ドル90円で変化なしと仮定)。

損益の計算

売総取引金額
売値990.00×100USD(1ポイント相当額)×2ロット=198,000ドル

買総取引金額
買値1000.00×100USD(1ポイント相当額)×2ロット=200,000ドル

損益額
売総取引金額198,000ドル-買総取引金額200,000ドル=▲2,000ドル
∴2,000ドル×90円=▲180,000円

また、貴金属スポットCFD総損益の計算にはファンディングコスト(下記参照)を考慮する必要があります。
詳しくは商品CFD:契約詳細情報→貴金属CFDをご覧ください。

account

商品口座への切替方法

「マイアカウント」の「口座切替」より「[CFD取引]商品口座」を選択してください。その後自動的に取引画面が変更されます。

証拠金の振替方法 : STEP1

取引プラットフォーム画面右上部の「マイアカウント」をクリックします。

証拠金の振替方法 : STEP2

「入出金方法」→「証拠金振替」の順でクリックしてください。

証拠金の振替方法 : STEP3

「振替元口座」を選択後「振替先口座」を「商品口座」に設定してください。その後「振替金額(JPY)」に金額を入力し、「送信」ボタンをクリックしてください。

111

直物商品CFD
商品トレードの新しい選択肢

IG証券では47の主要な商品銘柄について直物(スポット)CFD取引を提供を予定しています(近日中にお知らせいたします)。

仕組みは株価指数CFDと同様で、保有ポジションにはファンディンコストがチャージされます。

商品直物CFDをトレードするメリットの一つは、取引期限がないため継続性のあるチャートデータを提供できるという点です。これにより商品先物CFDでは不可能だったテクニカル分析によるトレード戦略の構築が可能となりました。過去3か月から5年に遡ったデータを使用しているため、ヒストリカル・トレンドを正確に把握することができます。

直物の価格はどのように算出されているのでしょうか?

商品直物CFDには継続的に取引されている原市場が存在しません。そのため、IGでは各銘柄のフォワードカーブから価格を導き出すアルゴリズムを開発しました。このアルゴリズムは日々のファンディングコストを自動的に算出します。

  • 取引により高い透明性を提供

    継続的な取引の流れをトラックできるため、ポジションの保有期間中の損益状況をよりクリアーに把握することができます。

  • テクニカル分析が可能

    商品直物CFDでは、直近3か月から5年まで遡ったプライスデータを利用してテクニカル分析が可能です。

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

Email:sales.jp@ig.com

最新マーケット情報