商品CFD

IG証券の商品CFDなら原油や金・銀、コーヒーや小麦まで多様な商品を比較的少額から取引可能。

  • 多様な商品市場から豊富な銘柄をカバー
  • 「売りポジション」から取引スタート可能
  • 「スポット」及び「先物」を選択することが可能
  • 原油、天然ガス、金・銀には便利な「円建て」取引も提供
  • FX投資のリスクヘッジ手段としても有効
  • IG証券ではCFDの他、バイナリーオプションでも原油、金・銀の取引が可能

体験版プラットフォームを使ってみる

取引システム

CFD取引は、狭いスプレッドがすべてではありません。お取引がいかに迅速に約定されるか、そしてどのレートで約定されたかが大事なのです。

弊社のサービスについて

  • 0.1 秒で約定: ご希望のレートでのお取引をお手伝いいたします。
  • より有利なレート: 市場がお客様のお取引に有利に変動する場合は、さらに有利なレートでご提供が可能です。

商品CFD取引において、弊社がご提供するレートをご覧ください。

取扱い商品

主要な商品のスプレッドは0.5ポイントより。

小口の取引も可能なため、柔軟にお取引いただけます。
詳しくは 商品CFD:契約詳細情報をご参照ください。

人気のある商品

商品 スプレッド
スポット・金 (100toz) 0.5 ポイント
スポット・銀 (5,000toz) 3 ポイント
WTI原油先物 6 ポイント
北海原油先物 4 ポイント

 

CFDとは?

CFDとは、Contract for Differences(差金決済取引)の頭文字を取った略語で、少ない資金でもレバレッジを効かせることで大きな収益が期待できる金融商品です。

この分野のリーディングカンパニーであるIG証券ではFXをはじめ、株式、株価指数、債券、商品を含む幅広い資産クラスのCFD取引を提供しています。

詳細はこちら

IG証券の商品CFD 3つの特長

1. 幅広い商品ラインアップ

IG証券の商品CFDでは、エネルギーCFD、貴金属CFD、農産物CFDなど約40銘柄を提供。特に人気の高い銘柄は「円建て」もご用意していま す。ニュースにもよく取り上げられるWTI原油先物やスポット金など世界の商品市場の中心的な銘柄をお取引いただくことができます。

  • 業界初!!スポット金のグラム・円建て取引も可能。

トロイオンス・ドルの取引だけでなく、業界で初めてCFDでのグラム・円建ての金取引を提供。換算する手間を省いて為替リスクも回避したお取引も可能です。

2. 手数料無料と狭いスプレッドで低コストを実現

エネルギーCFDは1ドルから、貴金属CFDは0.50ドルから、農産品CFDは1ドルからお取引できます(※マーケットの状況によって拡大する場合がございます)。可能な限り狭いスプレッドを実現、手数料も一切かかりません。

3. レバレッジ効果で少額からお取引が可能 

グラム・円建ての金CFD取引では少額の維持証拠金でお取引が可能です。
1グラム4,000円のときに100g取引した場合の、金取引における店頭取引(現物)と商品CFDの違いは以下の通りです。

 

投資方法 店頭取引(現物) 商品CFD
投資資金 420,000円
(4,000円/g×100g+税)
40,000円=維持証拠金額
(4,000円/g×100g×2ロット×5%)
取引金額 420,000円 400,000円
レバレッジ 1倍 20倍

 

はじめての商品CFD

エネルギー、貴金属、農産物を含む、世界で人気のある商品市場で柔軟にお取引できる環境をご提供いたします。

これらの市場は、流動性が高く、且つ価格変動が大きく、投資家を含めた市場参加者にとって魅力的な市場となっています。

弊社のオンラインプラットフォームは、手数料なし、低水準のスプレッドで、小口取引や様々なリスク管理ツールをご提供しており、手軽に商品CFD取引をしていただくことが可能です。

エネルギー

WTI原油と北海原油、天然ガス、 NY無鉛ガソリン、NYヒーティングオイル(灯油)など、幅広いマーケットがご利用になれます。

農産物

小麦、砂糖、ココア、オレンジジュース、その他主要農産物の商品先物CFDをご提供しています。
商品の価格は長期間あまり変動しないことがありますが、その後急激な動きを見せる場合があります。例えばコーヒー、ココア、オレンジジュースは、短期間で価格が倍増または半減することがあります。

金属

手数料なし、低水準のスプレッドで、スポット取引と先物取引が一日中できます。
弊社は、 銀、銅、パラジウム、プラチナなどの主要な金属については、先物お取引(満期日あり)もご提供しています。

商品CFD取引

リスクを制限するギャランティーストップのご提供(法人顧客限定サービス)

今日のIG顧客センチメント(商品CFD-主要銘柄)

これらリング状のグラフは、IG顧客のセンチメントを表しています。青は「買い」、赤は「売り」を意味します。数値は、四捨五入で計算されています。

高性能の取引プラットフォーム

IGグループの取引プラットフォームは、優れたテクノロジーがベースとなっています。このため、取引執行時の速さはもちろんのこと、安定性やアクセスのし易さといった面でもCFD取引に最適化した仕様となっています。また、PCでのお取引をはじめ、モバイルタブレットでもお取引が可能な仕様となっています。

  • 注文は0.1秒で実行1
  • 99.95%のシステム稼働率2
  • スムーズな約定
  • より有利なレートでの約定
  • 万全の電話対応
  • 手数料は無料

なぜIGが優れているのか?

世界約14万人ものお客様に利用されている実績と信頼の取引プラットフォームを提供。
外国為替、株式、株価指数、債券、商品(コモディティ)を含む多様な資産クラスをベースに約8,000の銘柄を取り揃え - グローバル金融市場へのアクセスを提供。

IG証券の取引プラットフォームを今すぐお試しください

  • ログイン無しで取引プラットフォームを使用できます。
  • 約7,500の世界の銘柄をご覧いただけます。
  • チャートや多様なテクニカル分析インジケーターにアクセスできます。

体験版プラットフォームへ

お申込みは簡単。まずは体験から!

  • 6,000万円の仮想資金で取引体験が可能。
  • 実際のリアルタイムレートを使って、本番さながらの取引を体感できます。
  • オンラインあるいはモバイルアプリで操作方法を事前にマスター。

デモ口座手続きへ

1 IGグループ全体の取引において99.51%は0.1秒以内に約定(2013年1月-5月)

2 99.95%のシステムの稼働率(2010年1月-2013年4月)

例:NY原油(WTI)先物の買い取引例

例:NY原油(WTI)先物の買い取引例

IG証券のエネルギーCFD取引では、WTI原油先物、北海原油先物、NY天然ガス先物など全8銘柄をお取引できます。取引手数料は全て無料、維持証拠金率は総取引金額の5%(レバレッジ20倍相当)となっています。

WTI原油先物は「ドル建て」と「円建て」の2種類がありますが、ここではドル建てを例にエネルギーCFDの買い取引について解説しましょう。

Step1:ポジションを保有する

お客様は、WTI原油先物が今後上昇すると予想し、売値8494.0/買値8500.0のときに、5.0ロット(1ロット=1,000バレル)の買いポジションを保有したとします。

この場合の取引に係る金額の詳細は以下の通りです(1ドル=90円で計算)。

総取引金額
買値8500セント(=85.00ドル)×10USD(1ピップ相当額)×5ロット=425,000ドル
日本円換算:425,000ドル×90円=38,250,000円

必要な維持証拠金
中値8497.00(※1)×10USD(1ピップ相当額)×5ロット×5%(※2) =21,242.5ドル
日本円換算:21,242.5ドル×90円=1,911,825円

※1.ポジション保有後の必要証拠金額は、売値と買値の中間の値、中値(8497)で算出されます。
※2.WTI原油先物の維持証拠金率は、総取引金額の5%です。詳しくは商品CFD:契約詳細情報をご覧ください。

STEP2: ポジションを清算する

<WTI原油先物の価格が上昇した場合>
その後、お客様の予想通りWTI原油は上昇し、売値8550/買値8556に達したところで5.0ロットすべてを清算することにしました。

本取引での利益金額は以下の通りです(1ドル90円で変化なしと仮定)。

損益の計算

売総取引金額
売値8550セント(=85.50ドル)×10USD(1ピップ相当額)×5ロット=427,500ドル

買総取引金額
買値8500セント(=85.00ドル)×10USD(1ピップ相当額)×5ロット=425,000ドル

損益額
売総取引金額427,500ドル-買総取引金額425,000ドル=+2,500ドル
∴2,500ドル×90円=+225,000円

<WTI原油先物の価格が下落した場合>
その後、お客様の予想に反しWTI原油は下落し、売値8450/買値8456に達したところで5.0ロットすべてを清算することにしました。

本取引での損失金額は以下の通りです(1ドル90円で変化なしと仮定)。

損益の計算

売総取引金額
売値8450セント(=84.50ドル)×10USD(1ピップ相当額)×5ロット=422,500ドル

買総取引金額
買値8500セント(=85.00ドル)×10USD(1ピップ相当額)×5ロット=425,000ドル

損益額
売総取引金額422,500ドル-買総取引金額425,000ドル=▲2,500ドル
∴2,500ドル×90円=▲225,000円

例:スポット金(直物)の買い取引例

例:スポット金(直物)の買い取引例

IG証券の貴金属CFD取引は、金、銀、NYパラジウム先物、NYプラチナ先物など全10銘柄がお取引できます。取引手数料は全て無料、維持証拠金率は総取引金額の5%(レバレッジ20倍相当)となっています。

スポット金(直物)は「ドル建て」と「円建て」の2種類がありますが、ここではドル建てを例に貴金属CFDの買い取引について解説しましょう。

STEP1: ポジションを保有する

お客様は、スポット金が今後上昇すると予想し、売値999.50/買値1000.00(単位:ドル/1トロイオンスtozあたり)のときに、2.0ロット(1ロット=100toz)の買いポジションを保有したとします。

この場合の取引に係る金額の詳細は以下の通りです(1ドル=90円で計算)。

総取引金額
買値1000.00×100USD(1ピップ相当額)×2ロット=200,000ドル

日本円換算:200,000ドル×90円=18,000,000円

必要な維持証拠金
中値999.75(※1)×100USD(1ピップ相当額)×2ロット×5%(※2)=9,997.5ドル
日本円換算:9,997.5ドル×90円=899,775円

※1.ポジション保有後の必要証拠金額は、売値と買値の中間の値、中値(999.75)で算出されます。
※2.スポット金の維持証拠金率は、総取引金額の5%です。詳しくは商品CFD:契約詳細情報をご覧ください。

<スポット金の価格が下落した場合>

その後、お客様の予想に反しスポット金は下落し、売値990.00/買値990.50に達したところで2.0ロットすべてを清算することにしました。

本取引での損失金額は以下の通りです(1ドル90円で変化なしと仮定)。

損益の計算

売総取引金額
売値990.00×100USD(1ピップ相当額)×2ロット=198,000ドル

買総取引金額
買値1000.00×100USD(1ピップ相当額)×2ロット=200,000ドル

損益額
売総取引金額198,000ドル-買総取引金額200,000ドル=▲2,000ドル
∴2,000ドル×90円=▲180,000円

また、貴金属スポットCFD総損益の計算にはファンディングコスト(下記参照)を考慮する必要があります。
詳しくは商品CFD:契約詳細情報→貴金属CFDをご覧ください。